記事一覧

地域おこし協力隊通信11月号

地域おこし協力隊通信11月号はこちらからダウンロードできます。○保健福祉課の岡隊員の活動のご紹介○なまこでんぷんづくり○中頓別町職員の人財塾について...

続きを読む

中頓別でチーズづくり40年。移住希望者がやってくる店を続けて。高橋憲一さんに聞く

中頓別に暮らす人にインタビューをして、町の魅力を探る記事。前回は、藤井地区の木炭づくりについて取り上げました。木を育てるための炭づくり じんぺい窯・岩田さんに聞く(上)木を育てるための炭づくり じんぺい窯・岩田さんに聞く(下)その第2弾です。道の駅ピンネシリの商品に「ルーシュ」というカマンベールチーズが販売されています。 「ルーシュ」チーズ。中頓別の小さなチーズ工房でつくられた、中頓別を代表す...

続きを読む

地域おこし協力隊通信10月号

地域おこし協力隊通信10月号です。こちらよりダウンロードができます今月号の内容①北川、加藤両隊員が配属されている「そうや自然学校」の特集②中野隊員「宗谷管内研修会」にて事業計画を発表。③山下隊員がハンターを目指して勉強中! ...

続きを読む

落葉キノコを追い求めて…

食欲の秋真っ盛りということで、最近四六時中食欲旺盛で食いしん坊キャラになりつつある北川です。秋の味覚といえば、サンマや栗、そして新米など美味しいものが溢れてますよね。しかしせっかく中頓別に移り住んできたのだから、この土地ならではの秋の味覚を味わってみたい……(なんなら自分で採って)中頓別+秋の味覚…と言えば…?そう、、、キノコです。ここ中頓別は四方を山や森に囲まれている町です。いわば、キノコの楽園と言っ...

続きを読む

なまこでんぷんづくり 56年前の産業を未来につなぐ

 皆さんはなまこをご存知ですか? あの海にいる、酢の物にするとおいしいぬめぬめしたちょっと気持ちの悪い生物ーーのことではありません。 北海道地方の伝統的な食文化のひとつで、じゃがいもを始めとしたイモ類のデンプンが粉になる前の塊のことです。なまこは漢字で書くと、「生粉」。乾燥していない生のデンプンという意味です。 かつて、中頓別町には約40か所ものなまこづくりの工場が点在していたそうで...

続きを読む

プロフィール

nakatom-kyouryokutai

北緯45度の町、中頓別町で活動する地域おこし協力隊の発信ブログ。地域の情報や日頃の活動などについて紹介しています。

中頓別町協力隊FaceBook